駐車場19

075-647-0019
  • 診療時間
  • 休診日
  • 9:00~12:00 / 16:30~20:00
  • 木曜・土曜午後、日曜・祝日

COMMUNICATION

院長の貴重な体験!!

前回話題にしていた、私のがん遺伝子・RNA検査の解析結果がようやく返ってきました(4~5週間かかる)。実は、去年の人間ドッグの肺のレントゲン検査の結果、胸に影があるので精査が必要との診断でした。自分で胸のレントゲンを見てもどの部分がそう診断されたのかがわからず、CT検査を予約しました。異常な部分はないとの診断がでるまでの数日間、「もしがんならどうしよう。」入院、手術、放射線、化学療法などといろんなことが頭をめぐり、実際問題、生きたここちがしませんでしたよ。患者さんの気持ちがよくわかる体験をさせてもらったと思っています。そういうこともあって、この遺伝子検査を受けたのですが、今回のリスク評価は、どの関連部位(肺がん、食道がん、胃がん、大腸がん、肝臓がん、膵臓がん、胆道がん、前立腺がん)も「低い」となって、ほっとしています。もう一度おさらいしますと、この検査は、微細ながん細胞の増殖と発症を未然に防ぐことを目的としています。特に、微細ながん細胞は、外因性により通常5年~20年かけて増殖していきます。このがん遺伝子検査は、がんドッグや通常のがん検診でも発見できない極小のがんや、今後がんに罹る可能性や成長性を調べる検査なのです。当検査でリスクが認められた場合(5段階にわかれていて、やや注意ゾーン、注意ゾーン、警告ゾーンの場合)、必ずしも発症(再発)するとは限りませんが、できるだけ早い段階で、生活習慣を見直すことが必要です。また異常が認められなかった場合でも、がんが発症することもあるわけです。より安心されたい方は定期的に画像診断(PET,CT,MRIなど)をお受けになることがお勧めです。この検査は、血液検査で、特に侵襲もなく、お手軽で、リスクがでればその部位の精査をすればよいということもできます。ただし費用は実費となり、結果がるまで、少し時間がかかりますが。興味のある人は、院長までお尋ねください。

 

今月のレシピ

〜外はカリッ、中はふわっふわの〜 焼きえびワンタン

材料(2人分)

■ あん(むきえび150g れんこんのみじん切り 小1/3節分 <約50g> 長ねぎのみじん切り5cm分 しょうがのみじん切り1/2かけ分
酒 片栗粉各小さじ2 ごま油小さじ1/2 塩  こしょう各少々)
■ サニーレタス…適宜 □ ワンタンの皮…16枚 □ 甘酢ソース(トマトケチャップ大さじ2 砂糖、 酢各大さじ1)
■ サラダ油

 

作り方

①あんのむきえびは包丁で細かくたたく。ボウルに残りのあんの材料と一緒に入れ、粘りが出るまでよく練り混ぜる。16等分し、ワンタンの皮の中央半分上に大さじ1を目安にのせ、周囲に水少々 をぬって三角に半分に折って留める。
②フライパンに1cm深さの揚げ油を入れて中温(約170℃)に熱し、①の半量を並べ入れて2~3分揚げ焼きにする。上下を返してきつね色になったら取り出して油をきる。残りも同様に揚げ焼きにする。
③器にサニーレタスを敷き、②を盛る。甘酢ソースの材料を混ぜ合わせて添える。

管理栄養士小垂先生の「ワンポイントアドバイス☆」

ついあとをひきそうな、揚げ物なので食べ過ぎに注意!それには、ボリュームのある 野菜料理をつけ合わせましょう。 筑前煮又は、根菜など入った具だくさん汁物、生野菜、海藻 ノンオイル ドレッシングサラダ よくかんで、満腹感を引き出しましょう。

 

今月の体操教室

〜今月の体操教室日〜10/10(水) 10/24(水) 午後3時から行います。
担当は仲田(藤井)先生です。

 

食欲の秋!! ゆるみがちな体を引き締めましょう☆

いよいよ食べ物がおいしい季節がきましたね。 しかし、ただ食べているだけではダメですよ。そこで気軽にできる体操を紹介します。

◎腰振りスイング体操
立ったまま行うウエスト引き締める体操です。

 

◎背中引き絞り運動

◎おなか引き締め体操

セミナーに行ってきました!!

8月23日(木)、接遇マナーとレセプト算定についてのセミナーに行ってきました。
患者様に対しての話し方や聴き方のポイントや算定で起こりやすいミスについて勉強して
きました。修了書をもらいました♪♪