駐車場19

075-647-0019
  • 診療時間
  • 休診日
  • 9:00~12:00 / 16:30~20:00
  • 木曜・土曜午後、日曜・祝日

COMMUNICATION

採血で認知症を予防!?

今年の5月はミセス日本グランプリを決めるファイナリストの審査員に選ばれたため、ミセス日本応募者がセミファイナリストに残るためのブラシュアップセミナーを、主催者が名古屋、博多、東京、神戸各地で開催していました。
そのため5月は毎週末、各地をセミナー講演で廻っていました。そのセミナーも一段落し、やっと落ち着いたところです。6月は梅雨に入って鬱陶しい日々が続いていますね。気分も憂鬱になりやすいので、早く明けてほしいものです。

ところで、10年後には、65歳以上の高齢者のうち認知症の人が約700万人(5人に1人)に増加すると言われていることを、ご存知でしょうか?考えてみれば、すごく多い数字だとは思いませんか。
さらに、認知症予備軍と言われる軽度認知障害(MCI)の人は認知症の人と同数程度いるとも言われていて、認知症対策は緊急の社会的問題と言うことができます。
軽度認知障害(MCI)とは、健常者と認知症の中間の段階のことを言い、日常生活には支障はありませんが、そのまま過ごすと約5年でその50%以上が認知症に進行する状態です。
今のところ、認知症は症状の進行を一定期間防ぐ薬はありますが、根本的な治療薬は現在未だ開発されていません。
最近のリサーチでは、MCIの段階で適切な予防や治療を行えば、認知症の発症を防ぐことや遅らせることができると分かってきました。

そこで大切になるのは、発症後の治療ではなく、発症前の予防なのです。
認知症の中で最も多いアルツハイマー病は、発症する約20年前から主な原因物質であるアミロイドベータペプチドが脳内に溜り始め、認知機能が少しずつ低下していきます。
アルツハイマー病はアミロイドベータペプチドという老廃物が脳内に蓄積し、神経細胞を破壊することで発症するのです。

最近、血液中の3つのタンパク質を調べることによって、MCIのリスクを判定することができる「MCIスクリーニング検査」が開発されました。
これは、認知症の予防に取り組むきっかけとなる検査で、早期発見による高い予防効果が得られます。
検査は、採血のみで簡単ですが、自由診療となります。興味のある方は、院長までお尋ねください。

 

7月のレシピ

食欲がなくなる夏にぴったり!!甘辛そぼろのにゅうめん☆

6月のレシピ

材料(2人分)

■豚ひき肉・・・・・・・・・・・100g
■万能ねぎ・・・・・・・・・・・2本
■水菜・・・・・・・・・・・・・小1株
■もやし・・・・・・・・・・・・1/7袋(約30g)
■玉ねぎ・・・・・・・・・・・・1/4個
■しょうがのみじん切り・・・・・1かけ分
■そうめん・・・・・・・・・・・2束
■だし汁・・・・・・・・・・・・2カップ
■サラダ油、砂糖、しょうゆ、塩

作り方


万能ねぎは斜め薄切りにし、水にさらし、水をきる。
水菜は3~4㎝長さに切り、もやしは目立つひげ根を取る。
すべてさっと混ぜ合わせる。


玉ねぎは1㎝四方に切る。フライパンにサラダ油小さじ1を熱し
ひき肉、玉ねぎ、しょうがを入れて炒める。
肉の色が変わり、玉ねぎが透き通ったら砂糖、しょう油を各小さじ1を加え
さっと炒め合わせて火を止める。


そうめんを袋の表示どおりにゆでてざるにあげる。
流水でよく洗い、しっかりと水をきる。


鍋にだし汁を入れて温め、塩小さじ1/2、しょうゆ少々で調味し、③を加える。
ひと煮立ちしたら器に盛り、②、①を順にのせる。
できあがり

食欲がなくなる夏にいかが♪
冷たいそうめんに飽きてきた方におすすめ☆
温かい汁麺でほっとする一杯!!

今月の体操教室

今月の体操教室は7/8(水) 7/22(水)です。
15時から行います。 担当は仲田先生です。
担当は仲田先生です。 無料なので誰でもお気軽に参加して下さい。
皆で楽しく運動しましょう♪

 

熱中症の予防法をご紹介!!

今年も暑い夏がやってきました。
熱中症といえば、外で起こるものとイメージされる方も多いと思いますが、実際は救急搬送された人のうち、自宅での発症が最も多かったそうです。
特に高齢の方は、体温調節機能が衰えたり、喉の渇きを感じにくくなる傾向にあるため、熱中症になりやすいようです。
そこで今回は簡単な熱中症予防法をご紹介します。

・喉の渇きを感じる前にこまめに水分を取りましょう。
・高温多湿な環境をなるべく避けましょう。
・就寝前に水分を取りましょう。
・扇風機やエアコンを使い室内の温度調節
(室温28℃以下、湿度60%以下)をしましょう。
・外出するときは日傘の使用や帽子を着用しましょう。


一度に大量に汗をかいた場合は、汗によって失われた塩分やミネラルも補給する必要があります!
そのような場合は、スポーツドリンクなどで水分補給することをお勧めします☆

 

 

*高血圧や糖尿病などで塩分や糖分の摂取を制限されている方は、飲みすぎに注意しましょう。

 

☆ニューフェイス☆


初めまして、6月22日より働かせていただくことになりました、浅尾友里奈と申します。
体を動かすことが好きで、学生時代は水泳をしておりました。
医療の現場で働くのは初めてですが、明るく笑顔で頑張ります!!
よろしくお願いします。

 

 

みんなでチャレンジ!頭の体操☆

ヒント・答えはスタッフが知っています☆