駐車場19

075-647-0019
  • 診療時間
  • 休診日
  • 9:00~12:00 / 16:30~20:00
  • 木曜・土曜午後、日曜・祝日

COMMUNICATION

ベビーコラーゲン!?

もう4月も終わりにさしかかり、暑く感じる日も多くなって、すっかり春本番ですね。

先日、東京で、コラーゲンやヒアルロン酸注入などのセミナーがあり、参加してきました。
その中で、興味深かったのは、「ベビーコラーゲン」でした。
「ベビーコラーゲン」何か、興味をそそるネーミングだと思いませんか?
そもそも、人間の体内

にあるコラーゲンの40%は皮膚に存在し、真皮の70%はコラーゲンから作られています。
(ちなみに、人間の身体の20%はタンパク質で出来ており、その全タンパク質の30%はコラーゲンです)
その一方で、ヒアルロン酸は1%未満しか含まれていないのです。
このことから、如何にコラーゲンが人間の皮膚にとって重要なのかが分かっていただけるでしょう。
コラーゲンは、身体を構成するタンパク質の一種で、全タンパク質の量の1/3を占めています。
現在わかっているもので、約30種類の異なるポリペプチド鎖の組み合わせにより19種類の型が存在し、Ⅰ型、Ⅱ型、Ⅲ型というように分類されています。
近年、Ⅲ型コラーゲンの持つ再生能力が注目され始め、特に創傷治癒の初期段階において増殖し、やがてⅠ型コラーゲンに置き換わることで治癒が進むことが分かってきたのです。
言い換えれば、キズ修復による組織再生において重要な働きをしていると言えるでしょう。
2011年東京大学での産学共同研究の結果から、創傷を治癒する初期段階に起きてⅢ型コラーゲンが治癒の進行の土台として働くことが証明されました。
すなわち、Ⅲ型コラーゲンは治療における組織再生に重要なコラーゲンなのです。
身体にキズができた時、治りが遅いと感じたらⅢ型コラーゲンが不足している証拠かもしれませんね。
「ベビーコラーゲン」とは、世界初Ⅰ型コラーゲンとⅢ型コラーゲンを50:50で配合された唯一の人ヒト胎盤由来のコラーゲン注入剤なのです。
要するに、生まれたばかりの赤ちゃんは皮膚にⅢ型コラーゲンを多く持っていますが、年齢とともに急速にⅢ型コラーゲンが減少するのです。
ベビーコラーゲンを注入することで、赤ちゃんのような肌に若返ることを目的としたコラーゲンと言えます。
次々に新しい製品が出るものですね。
興味のある方は、院長までご相談ください。

5月のレシピ

春巻きの皮で作るドイツ風ピザ!!
ベリーベリー

5月のレシピ

材料(1枚分)


春巻きの皮・・・・・・・・・・・・3枚
サワークリーム・・・・・・・・・・大さじ3
牛乳・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1/2
グラニュー糖・・・・・・・・・・・大さじ1

いちご・・・・・・・・・・・・・・6~8粒
ラズベリー(冷凍でもよい)・・・・・30g
レモンの皮のすりおろし・・・・・・・適量

作り方

①春巻きの皮を3枚重ねたままはがす(1枚ずつはがした場合は小麦粉、水各大さじ1を混ぜたものを皮の片面全体に塗って3枚重ねる)
オーブン用シートにのせる。
②サワークリーム、牛乳をなめらかになるまでよく混ぜる。春巻きの皮に、縁を1㎝くらい残してざっと塗り広げる。
③グラニュー糖をふり、いちごを縦に幅5㎜に切り、いちご、ラズベリーを散らす。
④オーブンから天板を取り出し、オーブン用のシートごと生地をのせる。
230℃のオーブンの上段でこんがりと焼き色がつくまで2分30秒~3分焼く。
⑤レモンの皮を散らす。

アップルシナモン

5月のレシピ

材料(1枚分)

ベリーベリーの①の材料

りんご(小)・・・・・・・・・・・・・1/4~1/2個
シナモンパウダー・・・・・・・・・・・少々
アールグレイ(好みの紅茶)
ティーバックの茶葉・・・・・少々

作り方

①②はベリーベリーと同じ。
③グラニュー糖をふり、りんごを皮付きで薄い輪切りにし、少し重ねて並べる。
④ベリーベリーと同じ。
⑤シナモンパウダー、茶葉をふる。

一口メモ
春巻きの皮を餃子の皮に替え、オーブントースターで5~8分焼いてもOK!!

 

今月の体操教室

今月の体操教室は5/11(水) 5/25(水)です。
15時から行います。 担当は仲田先生です。

無料なので誰でもお気軽に参加して下さい。
皆で楽しく運動しましょう♪

ゆらゆら体操

間違った姿勢を取り続けたことにより、筋肉がアンバランスに緊張し、肩こりや腰痛を引き起こすことがあります。
上半身の力を抜いて体を揺らすこの体操で、上半身をリラックスさせましょう。

・両足を肩幅に開き、まっすぐ立ち、全身リラックス。
背骨のひとつひとつきちんと重なって、背中が真っすぐに直立していることをイメージする。

・直立姿勢から、重なり合っていた背骨が一つずつ崩れていくイメージで上体を前に倒す。
この時、上半身は脱力状態。

・足や腰で弾みをつけて、上体をゆっくりと左右に揺らす。
胴体や腕の重さに任せて、自然に揺れるイメージで。

・上体の力を抜いたまま、背骨がひとつずつ積み上っていくイメージでゆっくりと起き上がり、元の直立姿勢に戻る。

*呼吸を止めず、無理せずに行って下さい。

時間外施術・リハビリ機能訓練のご案内

月・水・金の診療時間外(13時~15時30分受付)に実費での施術(マッサージや機能訓練など)を行っております。
時間限定となりますが、ゆったりと施術を受けて頂くことができます。
現在、マッサージや機能訓練をお受けになっていない患者様もご利用頂けます。

コースは
30分 ¥1,500(税抜)
60分 ¥3,000(税抜)
*¥10,000(税抜)の回数券もあります。(¥1,000お得)