駐車場19

075-647-0019
  • 診療時間
  • 休診日
  • 9:00~12:00 / 16:30~20:00
  • 木曜・土曜午後、日曜・祝日

COMMUNICATION

アトピー性皮膚炎とコレステロールの関係

7月中旬の日曜日、大阪市立総合医療センターで行われた近畿皮膚科集談会に参加してきました。この会は毎年一回近畿のいろいろな病院、大学が持ち回り主催者として行われる皮膚科の症例報告会です。珍しい症例や、注意をしなければならない症例、ためになる症例や、今までの見解と異なる症例など、どの発表も勉強になるものばかりで私も楽しみにして参加する会です。この中で、「アトピー性皮膚炎とコレステロール」という演題がありました。アトピー性皮膚炎とコレステロールなんて、今まで関連性があるとは考えたこともなかったのですが、発表によると、アトピー性皮膚炎の人は平均して、血液中の「コレステロール値」が低く、よりコレステロールが低い人ほどアトピーの重症度が強くなる傾向があるそうです。それが、治療によって、アトピーが軽快すれば、コレステロール値は高くなる。コレステロールは生体にとって必要な成分であり、高すぎるのは、動脈硬化を進行させるためよくありませんが、アトピー性皮膚炎のような病態にとっては、ある程度コレステロールが高いことが、よいということが分かりまさに、「目からうろこ」といった感じで勉強になりました。コレステロール値がアトピー性皮膚炎の指標になるかもしれませんね。

今月のレシピ

短時間でホロッとやわらか
トマポンどり

材料(2人分)

■とり手羽先・・・・6本
■にんにく・・・・1片
■さやいんげん・・・・4本
■ ミディトマト・・・・5個
■ 煮汁 (ポン酢じょうゆ大さじ2 水1カップ)
■塩 粗びき黒こしょう オリーブ油

作り方

①にんにくは包丁の腹でたたき潰し、いんげんは斜め半分に、トマトは 縦半分に切る。
②手羽先は塩、こしょう各適宜をふる。フライパンにオリーブ油大さじ1 を熱し、皮目から両面色よく焼く。
③煮汁の材料、いんげん、トマト、にんにくを入れてひと煮立ちさせ、 弱めの中火にして7~8分煮る。

管理栄養士小垂先生の「ワンポイントアドバイス☆」

トマトをたまには火を通して食べると、いつも生ばかりで食べるより
体が冷えないでいいですね! ・ひじきとまいたけの煮もの ・ナスのおつゆと
組み合わせてみてはいかがでしょう。

毎月一回金曜日、午前の診察時間中に管理栄養士の小垂先生が来られています。 食事の事、栄養の事など丁寧にお話していただけますので、 聞かれたい方は、お気軽に受付までお声かけください!!

今月の体操教室

今月の体操教室は8月21日(水)8月28日(水)です。
担当は仲田(藤井)先生です。

無料なので誰でもお気軽に
参加して下さい。
体操で暑さを吹き飛ばしましょう!!

山本整形外科 歓送迎会☆

千年猛暑!!!熱中症には気をつけましょう!!

勉強会がありました☆

6月4日リウマチの治療薬の勉強会がありました。 次々と色んなお薬がでるので、少しでもみなさんに伝えられるよう 色んなことを勉強したいと思います。